獣医師 瀬戸口 公代

1563459509810.jpg

こんにちは。獣医師の瀬戸口です。

小さいころから犬を飼っていて、将来の夢は獣医さん、と思って育ちました。しかし、現実は思い通りにはなかなかいかないもので、大学に入るのは大変でした。動物にかかわる仕事をしたい、動物のそばで働きたいと動物看護士の学校に入学し、動物病院に看護師として勤務しました。飼い主さんたちとたくさんお話をするうちに、もっといろいろなことに答えてあげたい、知りたい…という気持ちがどんどん膨らんで、やっぱりもう一度、獣医さんに挑戦してみようと思い立ちました。それから、2年、予備校通い浪人生活しました(笑)そしてとうとう獣医大学に受かりました!卒業後千葉の動物病院で勤務しました。とても大きな病院でたくさんの犬猫たちが来ていました。とても混んでいる分、診察時間を充分取れなかったりと工夫してやりながらも、いろいろと悩みました。そして、そんな中、私自身、結婚、出産と仕事をお休みしました。子育ても落ち着いてきた時、獣医師としての仕事復帰はどんな現場にいくか悩みました。そして選んだのは、犬猫雑誌の獣医師電話相談室でした。もっと飼い主さんと話したいと思っていた私には、ぴったりの仕事でした。現在も続けさせていただいていますが、飼い主さんの生の声が聞ける、とても楽しい現場です。そして、また、実際に動物たちに触れたい、と思ったとき、いろいろ調べるうち、まりもを知りました。医学的なことももちろんですが、トリミングに定期来店する子たちの、健康を見守る、予防医療に力を入れる、そこに賛同し、働かせていただけることになりました。

プライベートでは、ペルシャ猫を代々飼っていました。最後の子が先日亡くなり、寂しくしていたところ、まりもの面接に来た時、保護犬たちと出会いました。そして現在は、2匹の元保護犬たちと楽しく暮らしています。ワンちゃんとの生活で悩んでいること、病気のことで知りたい、フードは何がいい…などどんなことでもお気軽にご相談ください。

どうぞよろしくお願いいたします。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

まりもに勤め始めてもううすぐ1年半になります。はやいものですね。最近はだいぶ皆様の名前とわんちゃんの名前が一致してきました(^-^)やっぱり飼い主さんと愛犬の顔は似てくるもの、ということに疑いの余地なしです(笑)私は、まりも勤務と並行して、ほかにも仕事をしています。新しい仕事も始まったので、そちらの近況を報告させていただきますね。まずは執筆のお仕事、かなりたくさんの記事を書かせていただきました。獣医師執筆サイト「ぺぺル」興味深い記事がたくさんあります。まりもの加藤先生や高稲先生、もともと方南町にいらした越後谷先生も書いてます!コロナウイルスからシニアの病気、あげてはいけない食べ物など、盛りだくさんの内容です。どうぞ皆様読んでみてくださいね。そしてついに、往診のお仕事がスタートしました。(残念ながらまりもの周辺ではなく、私の自宅千葉県船橋市周辺なのですが)いぬのきもち、ねこのきもちの雑誌にチラシが入り、web告知も。もし、船橋にお知り合いの方などいらっしゃいましたら、お声がけいただくとうれしいです。往診することで、私の一番やりたかった形の飼い主さんとのコミュニケーションができます!病気のことから、しつけ、生活、シニア期のお悩みなど…飼い主さんに寄り添った診察ができるようがんばります。引き続き、まりもでの診察も行っています。火曜、水曜方南町店に出勤していますので、お気軽に何でもご相談ください。よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

logo2.png